天使と私といろいろと。

職業:ジャニヲタ 20代後半の戯言。趣味多数。

泥棒役者を観て思うこと※ネタバレあり

久々の更新になってしまいました、こんにちは。

2017年11月18日(土)我らが関ジャニ∞丸山隆平くんの初主演映画「泥棒役者が公開されました。

公式サイトも面白いので是非一度ご覧を!

映画「泥棒役者」公式サイト 11/18(土)公開

 

もちろん初日に意気揚々と観て来ましたが、これがねぇものすごく良い映画。

笑いあり、涙あり、そしてほっこり。老若男女色んな人が楽しんで観れる映画じゃないかなと思いました。

初日から3日経った今でも、どうにもこうにも泥棒役者から抜け出せないので感想と呼べるほどのものではないですが、私が映画から感じたことを残しておきます!

※ここからネタバレを含む可能性アリ注意!

 

 

 

 

 

この映画は登場人物がとても少なく、ほぼ一軒の家の中で話が進んでいきます。

主要人物やストーリーは公式サイトにあるんで、是非そちらをご覧ください!(何度でも貼る)

 映画「泥棒役者」公式サイト 11/18(土)公開

 

この映画を通して私自身が勝手に思ったこと、感じたことをまとめてみます。

 

+「タマとミキ」~まだ おわってないニャー!~

「タマとミキ」とは絵本作家・前園俊太郎の大ヒット作であり、主人公・大貫はじめが幼少期に大好きだった絵本です。
この絵本に出てくるはじめくんも励まされたこの言葉。
「まだ おわってないニャー!」
この言葉が作品のキーポイントのように感じます。

泥棒役者に出てくる人たちは個性的なキャラクターばかり。みんな一生懸命に今を生きているような、魅力的なキャラクターたちです。しかし心のどこかに棘が刺さった部分がある。笑顔の裏に抱え込んでいる何かを持っている。そんな人たちのように感じます。
でもそれは私たち視聴者にも言えることであって。順風満帆に生きている人ってそんなにたくさんいるわけじゃない。なにかモヤモヤとした気持ちを心のどこかに抱えている。自分が思い描いた未来はこんなものだったのだろうか、なんてね。

「まだ おわってないニャー!」

まだ終わっていない。作中ではじめくんは、何度もこの台詞を繰り返します。
それは言われた前園先生、泥棒の則男さんだけではなくて登場人物全員に言える言葉なのではないかな。そして、更に言うならこの映画を見ている私たちにも。「まだ終わっていないよ」って背中を押してくれているんじゃないかななんて、そんな気持ちになりました。

ここからエンドロールの流れがまたいいんですよねぇ。
「応答セヨ」は大貫はじめくんの歌であり、登場人物全員の歌でもあり、そして私たちの歌でもある。そんな気持ちで聞いていました。
「つまずいてばかりの僕を 君だけは笑わなかった」
「今だって 地上でもがいているんだよ 飽きもせず」
あ~~~!!歌詞がエモい・・・!なにこれ良い曲!!応答セヨめちゃくちゃ良い曲!!

エンドロールからは特に好きなところがたくさんあって、号泣必須ですので。私このために行ってもいいかもしれない。それくらい好きです。

これから映画を見る方がこれを読んでいる中にもしいたら、必ずエンドロールまで席は立たないでくださいね!


+前園俊太郎の魅力

主要人物 4 人は前園邸で出会い、短時間に色々なことがあって、前園邸を出て行く。けれど 4 人全員が前園邸に入ってきたときとは別の顔をしていたように思う。
抱えているモヤモヤが少し晴れたような、明日からまた頑張ろうというポジティブな気持ちを感じられる。
その主たる理由は「前園俊太郎」という人物のおかげなんじゃないかな。演じる市村正親さんがまた良いんだよねぇ。市村さんの声ってなんであんなに優しいんだろうというくらい優しい。あの優しさがあるからこそはじめくんは強くなれたんだと思っています。何度も見ているうちに前園先生とはじめくんのやり取りだけで泣けるようになってきた・・・

前園先生は何より度量が大きいなという印象があります。私は常々上に立つ立場の人は下の人間の意見を聞かなくなったら終わりだと思っているんですが、前園先生はまさにその逆をいくのですよね。
「思いついたら何でも言って!」
なんて、なかなか言えることじゃない。もちろん自分がスランプなこともあるとは思うんですが、それにしてもいきなりやってきた泥棒(素性不明)や新人編集者に向かって、あんな風に意見を求められるのは素晴らしいことです。しかもほぼ人の意見を否定しない。微妙なことであっても、必ずいいところを見つけて褒めてくれる。理想の上司前園俊太郎ですよ。

そんなわけで前園俊太郎先生の人柄もこの映画の魅力のひとつではないかなと思っております。
何より面白いからね。見ているだけで笑えて、明るい気持ちになれるってすごいことです。監督はもちろん、市村さんにも脱帽。元々好きな役者さんでしたが、この作品を通して更に市村さんが好きになりました。


丸山隆平くんのこと
今更丸山くんのこと!?って感じですが、映画を通して再認識したこともあるので改めて。

私はアイドルである丸山隆平くんを好きになっていつも彼に背中を押されています。はじめくんにとって自分を支えてくれたものが「タマとミキ」であるならば、私にとってそれは丸ちゃん。
丸山くんが過去に演じたキャラクターってどれも前向きな気持ちにさせてくれる役が多いんですよね。それは彼の人柄もあるんだろうけど。毎日更新してくれる「丸の大切な日」はもちろんのこと、ここ最近の「ファンは妻」発言。彼の発信してくれる物全てに毎日助けられているな~って思う。
そんなファンを照らすアイドルを全うしている丸山くんだけど、結構人間らしいところ(俗に言う闇深いところ笑)も垣間見えたりして。そこがまた、ズブズブと沼にはまっていく理由なんだと思います。

よく他担の人に「丸ちゃんのこと本当に全て可愛いと思っているの?」と聞かれることがあるのですが、正直なところ「本当に思っています。」としか回答できないんだよなぁ。笑 担当にたいして甘々な自覚はあるけれど、丸ちゃんがするギャグは全部面白いって本気で思っているし、キリッときめてくる姿は本気でかっこいいし、本気で全てが可愛いんです。癒しです。笑



泥棒役者の感想というよりも後半はほぼ私の言いたいことを書き連ねただけになってしまいました、ごめんなさい。

泥棒役者面白いのかな?と思ったり、時間があるけど映画でも見ようかな、でも何を見よう?と思ったりしているそこのあなた!
はっきり言います。見て損はないです。むしろ見ましょう。
私に巨額の富があれば職場や知り合いの皆様に鑑賞券を配布しているレベルです!ほらほら!笑

 

そんなこんなですが、泥棒役者の大ヒットを祈って。少しでもこの映画を見る人が増えますように。