天使と私といろいろと。

職業:ジャニヲタ 20代後半の戯言。趣味多数。

舞台:泥棒役者に行って参りました。

という記事を書こうと思って一月くらい放置していました、ごめんなさい。改めて更新します!もう記憶がだいぶ曖昧なんでさらっと間違えてたらごめんなさい!

4/23(月)のことですが泥棒役者を観に行ってきました。
私の名義は悲しいことに全滅しまして(何であんなに当たらないの泣いちゃう)。しかし!ありがたいことに御誘い頂き、貴重な1公演を堪能して参りました!

グローブ座!はじめちゃんが大きい〜!幸せですね♡
席について色々と準備。この日のために双眼鏡を新調したのでいろんな意味でソワソワ。
泥棒役者は映画でもそうだったけど、セットが可愛いんだよね〜!配色が秀逸!観ていてすでにほんわかしてしまう絶妙な配色。素晴らしい。

内容ですが。
映画とはもちろん結末に相違はないです。ただ、やっぱり舞台はナマモノなので。演者同士の空気や会場の空気ががっつり影響してきます。そしてそれがとても良かったんです〜!
出演者の方は丸山くんと東山先輩以外ほぼ知らないんですが、もうね、みんな好きになりました。役も本人も。
映画のキャストとはまた違った良さを醸し出していて、二度楽しめる美味しさ。泥棒役者すごい。

なにより映画を見たときから思ってたんだけどやっばり舞台向きだね。映画館では面白いシーンでもなんとな〜く笑いをこらえちゃうんだけど、劇場では面白いところはみんなで笑って共有できる。それが楽しかったなぁ。

以下好きだなぁと思ったポイントを。意識してませんがネタバレありきなので苦手な方はここから飛ばしてください。

  • 丸山くんの表情が好き

舞台って上にも書いたようにナマモノで。丸山くんってくるくるくるくる表情が変わるんだけど、それが今回の「泥棒役者」という舞台にすごく合ってたと思う。
映画より更にいろんな役柄をやるんだけどどれもぴったりで。何より演じてる丸山くんがものすっごく楽しそうだった(笑)それを見てるとこっちまで笑顔になれるんだよね。「ヒェーッヒェッヒェッ」と魔女になって笑うシーンがあるんですが、もうそれはただの丸山くんでしょってくらいのハマりっぷり。かと思いきや、真面目なシーンではキリッと決めてくれるんです。
個人的にすごくゾクゾクして好きだったのが、しつこく食い下がる轟さんを見る丸山くんの視線!基本ドギマギしてるはじめちゃんがあの瞬間だけめちゃくちゃドエスになるのが最高!!世間で言うところの「闇」な丸山くんです。目線で人殺せるんじゃないかくらいのアレ。改めて丸山くんって振り幅の大きな役者さんだな〜と感心させられた部分でした。 細かいところまで作り込んでるんだろうなぁ。

  • 暗転の時のかわいい丸山くん

暗転の時は小さなタオルみたいなのを取り出して汗をふきふきする丸山くん。ライト熱いだろうし、もともと汗っかきだもんね〜。
その汗の吹き方が可愛いのなんの。「ふきふき」って効果音が出そうなくらいふきふき。そのときの丸山くんは舞台に立つかっこいい丸山くんから「まるやまりゅうへい」になっている気がして(伝わります?笑)もーーーとにかくかわいい!!!


他にも見所たくさんさんの素晴らしい舞台でした!映像化されたらいいのになぁ。
ちなみに映画版は映像化してるんで興味ある方はこちらもどうぞ。私の知り合いは言ってくれればいくらでも貸し付けます!むしろ見て!!!


最後に。
今回「お手紙BOX」があると事前に聞いていたので、丸山くんへファンレターを書きました。
1番に「大好き」を伝えられるのはファンレターじゃないのかなと人生の半分以上ジャニヲタやりながら思っています。なんだかんだ、節目節目には手紙を書くようにしてみたり。もちろん普段から伝えられるのが一番なんですけどね!これからも何かある度に自分の中の大好きって感情を、好きな人に伝えていきたいな、届いたらいいな〜と思いながら好きを募らせているのでした。

とりあえずみんな泥棒役者をみてくれ!!!!