サンタという名の天使

職業:ジャニヲタ 20代後半の戯言。趣味多数。

レコメンの丸山くんと村上さん

2017年6月15日。丸ちゃんが久々にレコメンに帰ってきました。

残念ながらリアルタイムで聞くことができなかったので、次の日まとめて聞きましたが、通勤中に聞いたのを後悔した。

めちゃくちゃ面白いやないか!!!(知ってた)

ラジオの丸ちゃんは素に近いようなしゃべりになって、そこがまたいいんですよね~。今回も聞きながら何度「アアッ・・・」と悶えたことか・・・

というわけで今回のレコメン好きなところ・気になったところをまとめておきたいと思います~!

※ものすごく長いです

・サタプラを見てメールをくれる村上さん

「月1回くらいはな、オープニング見てダメだしのメール送るんやから」

「マメやでこの子」

「仕事行く前にぱっと見て「そうそうそう」

桐「褒めて頂いたときとかないんすか」

「いや褒めて頂いたときなんてねぇ・・・もうしょっちゅうですよ。いっつも『お前のMCは名MCや』言うて。褒めるしかせえへんもんなぁ?」

「言うたことない、そんなん」

 

とあるMCの光景を見て「なんやアレは」と送る村上さん。それに対して「時分でも嫌になった」と返す丸ちゃん。この関係性素晴らしくないですか・・・

更にこれを後輩二人に話た後「あれはほんまに丸やから許される」と丸ちゃんの愛されキャラクターを誰よりも推してくれるんですよ。

本人でさえ「俺でもギリあかんわ(笑)」って言ってるのに!「ギリギリセーフや」と言ってくれるヒナちゃん。。。

 スタッフさんに話をするところも本当にお母さんのようですね。いつかサタプラにヒナちゃんを出してください。お願いします。

・難しいことを言うな丸に!

丸は毎週の差し入れで何とかしてるを話す村上さんを肯定する丸ちゃん。

後輩二人が必死にいやいやいや!と言ってくれるんですが、

桐「先輩からのおっきい言葉が欲しいですよ!」

「おっきい言葉?お、おっきい言葉ってなに?」

桐「いや、なんかその~」

「お前難しいこと言うな丸に!」

桐「いやいや簡単でしょ!!!」

これよ・・・マルヒナ・・・!

 ・粘着質な丸山くん

 あんまり怒らない丸ちゃんが唯一怒るのは差し入れを買えないとき。

「怒る言うか拗ねるねん」

「ねちっこ~いやつやな」

で、でたー!ねちっこ丸ちゃん!大好物!!!

「『もうちょっと早く言ってくれたらお土産買えたのにな~』」

「彼女じゃないすか(笑)!」

「そんなかわいいやつちゃうから。めっちゃ粘着質やから」

 

「立ち悪いからほんまに。すっごい嫌なのそういうの。ペース崩されんのが一番嫌」

「そういう言い方しか知らんねん。怒りが乗っかったらあかんねんなあ」

ねちねちっとした丸ちゃん登場!ペース崩されるのが嫌な丸ちゃんの人間らしさが非常に好きです。こういうところがさらっと聞けちゃうからラジオって良いですよね。

 エゴサーチ丸山

「ガセでもなんでもええねん。とりあえず俺のことを書いてくれ!かっこいいでも臭いでもなんでもええから。書いててくれたらいいの。」

「僕の細胞が入り込んでぇ、生きてるなって、俺が。その人の中で」

コメントの癖が強い・・・(好き)

でもエゴサーチしてるなら良い意見こそ届けてあげたいですよね~

「丸山」「丸ちゃん」「丸山隆平」などいろんなワードでこれからも呟くよ・・・!細胞が入り込んできてるよ!!

 

・桐山くんの髪形は別にどうでもいい

リスナーから桐山くんの髪形について聞かれる丸ちゃん。

基本は優しい丸ちゃんなのにばっさりと 「桐山くんの髪形は別にどうでもいい」切れ味抜群!!!

そのあとも桐山くんの髪形についてそれぞれ盛り上がるんですが、終始興味のなさそうな丸山くん(笑)

「見てみいこれ!」と全力でプレゼンしてくれるヒナちゃんに「いや、まぁ・・・どうでもええ」(笑)この温度差!

マルヒナで話をしてるとヒナちゃんが熱く盛り上がってるのを冷静に聞いている丸ちゃんって構図が案外多いんですよね。これもこの二人ならではの関係だな~。

 

・Sexy時代のスローガンは?

中島健人くんからのキラーパス「Sexy時代のスローガンを考えてほしい」を受けての丸山くん。

「胸毛もわき毛もあの毛も色気」

「「すげーーーー!!!!」」

「やったー今日誕生日にしよ♪」BGM:CANDY ~Can U be my BABY~*1

な、なにがなんだか・・・

私は中島くんも丸山くんも大好きなんですが、彼らには共通点があると思っています。それは『スーパーアイドル』であること。

そんなアイドル二人が交わっているのに何でこんな電波が飛び交ってしまうんだろう・・・

 

Sexy時代の話を受けて「禁断の果実は毎日食べてるからなぁ」←???

・マルヒナ宅飲み

卒業後、レコメンの時間はだいたい飲んでる丸山くん。

「あれ先週か?」

「あれ先週」

「お前連絡してきたの・・・先々週か」

木曜日ということを忘れて連絡してきた丸ちゃん。友達と飲んでるから村上くんに来てほしかったと。1時までレコメンだと言ったら終わってからでも連絡して~な丸ちゃん。

「終わってからでええから連絡してぇって。いや1時やしなぁ~でもまあええかと思って、とりあえず終わったけど何してんねん!って言うたら、今ちょうど家帰ってるから家で飲もうやって。珍しいけど・・・お前はもうええ感じかもわからんけど俺どシラフやし・・・でもまあええわと。」
「ほんで俺行ったことなかってん。久々にこんな時間から飲むけどまあええかと。で連絡してなんかもうよーわからんマンションやねん。全然部屋にたどり着けへんねん!家で待っとったらやなぁ、コンビニでわざわざ麦焼酎買うてきてくれて、ありがとうありがとうって。ほんでまあそっから2時間くらいかな。3時間しゃべった後2時間やで!?」

 

宅飲みエピソードありがとう・・・(涙)

それにしてもヒナちゃん・・・
何回「まあええか」って言うの!?
丸ちゃんの深夜のお誘いも「まあええか」で大体済ませちゃうヒナちゃんどんだけ男前なの!?


そしてこんな風に呼び出しておいて全然覚えてない丸ちゃん!!(爆)

「なんか嬉しかったな~楽しかったな~」
「優しいメンバーやろ~?もうどんだけ酔うてても来てくれるから」
「こっちはクタクタやねん!!!」


この丸ちゃんの村上さんに対する信頼感というのか余裕というのか・・・
「村上さんは自分のことを好きで電話したら来てくれる」という自信のようなものを感じます。
マルヒナの関係性すごい・・・師弟感あふれてるのにこの丸山くんの余裕とは・・・

 

 

とりあえず「甘い言葉対決」の前まで書いたのでここまでにします。

余裕があれば甘い言葉の話もまとめたいところ・・・でも今のマルヒナと大好きな丸山くんポイントがまとまったので満足です。

 

何度聞き返しても楽しいレコメン。また丸山くんに来てほしいなぁ。

 

 

 

 

 

 

 

 

*1:中島健人先生のソロ曲。「ちょっと恥ずかしいけど、僕が『CANDY』って言ったら『ラブ!ケンティー!』って言って下さい!」と言ってコンサートで披露した。大変盛り上がる。